新橋SL広場にいた劇団団長(女性)

ちょっと前のこと、劇団の座長さん(団長)がSL広場にいたわけです。女性一人でなにやってるんだろって、近づいたら。 どうも劇団の公演宣伝みたい。

すっごく楽しそうな顔してて、若そうなんだけど団長さんだって。
へー なんかやってくださいよ。 写していいですかーって言ったらいいって。YOUTUBE出しちゃいますよ。
映画男はつらいよ、フーテンの寅さんのメロン事件のシーンを即興でやってくれくれました。ちょっとだけだから。

寅さんの映画では、レギュラー出演者がみんな個性の強い人ばかり。年齢も違う男女が出るシーンを一人で再現できるんでしょうか。

 劇団やりたかった座長on The SL広場

男はつらいよ 寅次郎相合傘」山田洋次原作監督 松竹映画のシーン

そんな団長が、前売り券を売っていたので買っていました。
結構前だったんで、 ちょっと忘れていたのですが、思い出してさっき見てきました。
新宿から、小田急線普通電車で二駅。 初めて降りた駅は参宮橋駅 細い道を数分あるき。 まわりは中華とか、7-11コンビニとか。 そして、郵便局の前の小さなビルの地下。

 へーこんなところに、劇場があるんだ。

パイプ椅子が100個くらいかな、並べられていて。
夜の回だったから少し席が余っていて、舞台セットは畳風に丸テーブル。 玄関と階段だけ。

えー 何が始まるんだろう。
で、2時間半の公演はあっというま。
俳優さんはみなさん個性的。 ちょっと大人の話もあって、ボケもずれていない感じ。
事前の案内では、回りを気にせず吹き出してくださいといっていました。良くわかる感じ。 笑いのつぼがたくさんあって、人に選んでもらいたいような、観客の個別の笑いを確かめるようなシーンが盛りだくさん。

シーンのピリオドは暗転なので、想像力をかき立てます。誰がどう配置されるかな。 たったひとつの舞台をとても上手につかっています。 しゃべりの無い演技者は、今の流行?のストップモーション。 マネキンチャレンジの練習もしたのかな。しゃれた演出を感じさせます。

音や、光でごまかさない生演技の醍醐味を味わえました。 今度行くときは早めに行って一番前に座りたい。
帰り道すがら、カップルが口々に言う、「おもしろかった。すごかった」という声がきこえていました。

「劇団やりたかった」

 

ガードしたの赤提灯

新橋ガードした

新橋にはガードがいくつもあります。
ですから新橋ガード下で待ち合わせしようとしても、どこのことかわかりません。

「えーとどこだったかなー おおきな赤提灯があったよ。」
ずーと頭のなかにあった、新橋ガードした赤提灯。
実は、白いちょうちんだったかもしれませんよ。

クラブ美雪」 新橋

東京シャンゼリゼプロジェクト進行中ですね。

虎ノ門ヒルズができて、地下道路とかもできて、新橋方向にむかう大きな道路ができました。(新虎道路)
歩道がゆったりしてて、自転車どうろまであって。
東京シャンゼリー? シャンゼリゼ知りませんが、フランスの方でしょ。

道路より広い歩道
自転車の道と、遊歩道と、普通の歩道? 街路樹も植えられてます。 

新橋方面を見る

この写真の左側が新橋方面です。
なんか広いです。

レンタル自転車とコインロッカー

途中に、レンタル自転車の駐輪場があります。
そして、コインロッカーが24時間で便利そう。

かつらの木

街路樹には「カツラ」て書いてあります。

新橋方面へ
すごく整然としてます。 二車線で自転車も走りやすそう。

夜も綺麗

夜の感じです。

新橋周辺24時間ロッカー